里親募集中の保護にゃんこ、まだ外で暮らしている外猫たちの日々の生活を中心に、我が家のにゃんこやわんこの生活をぼちぼちと書き綴っていきます。 覗いていってくださいね!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 お隣さんち
2006年02月19日 (日) | 編集 |
とうとう、お隣の家が取り壊された。

隣の家のすぐ横に猫車と化している私の車が置いてあるのですが、
いつもなら、のんびりとその中で寝ているゴンとうるちゃんとさらちゃんとルルちゃんの4匹。
今日は姿が見えません。

これだけの『ガリガリッ!バリバリッ!ガシャーーーン!!!』の
騒音とホコリで寝ていられないでしょうね。
工事中はどこかに行ってしまっています。
ただ、以前、猫たちが遊びまわっていた裏の広場もすでに工事車輌が入り、
土砂をつみ、猫がのんびりできる場所はありません。
きっと、どこかの物陰に隠れて工事をやり過ごしているのでしょう。
どうか、工事車輌などに巻き込まれませんように。
事故などに遭いませんように。
現場の人に邪魔だと蹴られたりしませんように・・・。


こちらがお隣のお家の無残な姿。
なんだかな・・・。
確かに古いお家だったけど、まだまだ住めるのに、
邪魔になりましたから壊しましょう!ってのも気に入らない。


2006.02.19-1.jpg



こんな姿を見ていると苦しくなる・・・

2006.02.19-2.jpg



そして、いつも、工事をしているのを見ると思うのは、
そこに植えてある草木のこと。
今まで、毎年毎年何十年も花をつけて人々を楽しませてくれた桜の木や、
神社のそばにあり守り神のようにたいせつにされ、
子供達の成長を見守り続けてきた樫の木など、
なんのためらいも無く、伐採されてしまう・・・。
植物だって生きてるんだよ。
人間と同じで懸命に生きようとしているのに・・・。

お隣の木も残されていった。
きっと、新しい家には新しい木が植えられているのでしょう。
どうしてこの子たちを連れて行けないの?
こんなに苦しそうにしているのに。
こんなにも生きようとしているのに・・・。

2006.02.19-3.jpg



今でも真っ赤な赤い実をつけています。

2006.02.19-6.jpg



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。