里親募集中の保護にゃんこ、まだ外で暮らしている外猫たちの日々の生活を中心に、我が家のにゃんこやわんこの生活をぼちぼちと書き綴っていきます。 覗いていってくださいね!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ママのこと・・・
2006年02月28日 (火) | 編集 |
外猫としてお世話してきたママちゃん。
1月の末に亡くなった我が家の愛犬オドちゃんがとっても大切にしていたお友達です。

我が家のワンちゃんたちはお昼は庭で過ごし、夜は家の中で寝ます。
そして、オドちゃん達が家に入ってくると、
当然のようにしてママも一緒に家の中で眠っていました。

オドちゃんが亡くなってからも、その習慣は続いています。
しかし、今のままではいつ、ママが父に追い出されてもおかしくない状態で、
わたしにとって精神的にもよくないので^^;
このたび、父に話をし、ママをうちの子にすることの了承を得ました。
これで、堂々とママは大きな顔をして家の中で生活をすることができます。

父は以前からこれ以上、犬猫を増やすのは大反対していました。
が、今回のママに関しては、亡くなったオドちゃんがとても大切にしていたこと。
うちのムンクさんとの相性がよい(?)こと。
父を怖がらず、一緒に寝たりできること(ーー;)などが重なって、
うちの子にしてもよいと言ってくれました。
とりあえずは、一安心です^^

しかし、実をいうと私の気持ちの中ではまだ、迷っているんです。
ママを本当にうちの子にしてもよいものだろうか・・・と。
うちには今、猫5匹、犬1匹、保護猫1匹がいます。
そこにママが加わろうとしています。
そして、多くの外猫ちゃんたち・・・。
わたしにこの子たちを責任もってお世話できるのだろうか?
病気等のサインがあったとき、私はそれを見逃さずに対処できるのだろうか?
実をいうと、今でもかなり限界に近いのです。
猫たち7匹がみんな仲良く同じ空間で過ごしてくれれば、
みんなの状態をもっと見ていることができるのに、
相性の良くない子がいるため、3部屋に分かれて生活している状態。
そのため、一緒に過ごす時間がかなり短くなっています。
こんな状態なのにさらに猫を増やすこと。
本当にママのためになるのでしょうか?

その上、高齢の子もおり、これからドンドン病気もしてくることでしょう。
ジャックも13才。
大型犬の13才はかなりの長老です。
ムンクも14才。
エイズキャリアのムンクさん、これから健康管理をしっかりしていかなければなりません。
時間と経費の問題もあります。

少し、時間をおいて、ママをうちの子とすること、
家族のものと話し合ってみようと思います。


保護活動をなさっていらっしゃる方々の多くは、
本当にたくさんの子を家で保護し世話をしていらっしゃいます。
そんなお話を伺うと、わたしの世話している子の数ってまだまだ?と思ってしまう。
でも、限界ってひとそれぞれなんですよね。
2匹で限界の人もいれば、30匹でも大丈夫なかたもいらっしゃる。
その人の生活スタイル・時間・労力・財力・協力者など、
それぞれに違う要素があって、限界も違ってくる。
私も自分の限界をしっかりと見極めなければならないと思う。
でないと、しわ寄せがくるのは、この子たちなのだから・・・
判断し損ねると、守ろうとした者を、逆に苦しませることになるかもしれないものね。
しっかりと、自分のことを見つめてみようと思う。


屋上、初体験のママ。
早速、ごろんごろん、してきました^^

2006.02.28-1.jpg



2006.02.28-2.jpg



えっ!マグロみたいだって
写真の角度かも

2006.02.28-3.jpg



そんなことないですね。
ダイエット頑張りましょう

2006.02.28-4.jpg



安心して眠れるっていいですね。
これからはオドちゃんに代わって、
私たちがママのこと大切にするからね
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。