里親募集中の保護にゃんこ、まだ外で暮らしている外猫たちの日々の生活を中心に、我が家のにゃんこやわんこの生活をぼちぼちと書き綴っていきます。 覗いていってくださいね!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 昨夜はチョビちゃんと。
2004年09月16日 (木) | 編集 |
昨夜は他のにゃんずには申し訳なかったけど、チョビちゃんと2人きりで朝まですごしました。

チョビちゃんは8才(もしかしたら9才かも?)の男の子。
来た当時は4ヶ月くらいの子猫ちゃんでしたがガリガリのボロボロ・・・。
神経が傷ついていたらしく、目の焦点も合わず、歩くことも出来ない状態でした。
こんな状態でも、私たちが触ろうとするとしっかり威嚇してくるのね。さすがノラちゃん!
こんなかんじで我が家に来たチョビちゃん。神経が傷ついているためか、今でもジャンプは出来ず、
手の届く範囲の高さしか登れないけど、それ以外は普通の猫と同じ。
とってもやさしく、今まで、たくさんの子猫のお兄ちゃんとしてお世話してくれました。

そのチョビちゃん とても甘えたなのに、他のにゃんこが私に甘えだすと、
少し不満げな寂しそうな表情をして遠慮してひいてしまう。
近頃、保護にゃんが増えたことでそれが増大し、寝るのもクローゼットの中になってしまった・・・
このままではチョビちゃんストレスでおかしくなっちゃうかもと思い、
昨夜は2人きりで寝てみました♪
チョビちゃんは満足してくれたかどうか分かりませんが、私的には幸せでした★
また、ベタベタして寝ようね!

↓はネネちゃん。去年までは CAT ROOM のひとり姫としてチョビとココにちやほやされてきましたが、
去年、ふうちゃん(女の子)が仲間入りしてから、
たまに「ちょっと、一体どういうつもり!」という表情をみせる。
それがまたカワイイの!

20040916.jpg




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。