里親募集中の保護にゃんこ、まだ外で暮らしている外猫たちの日々の生活を中心に、我が家のにゃんこやわんこの生活をぼちぼちと書き綴っていきます。 覗いていってくださいね!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 外にゃんの去勢手術
2006年02月04日 (土) | 編集 |
以前から捕獲して避妊手術をしなければならない黒猫ちゃんがいました。
しかし、いつまでたっても警戒心が取れず、
捕獲器を設置しても素通り・・・。
捕獲失敗したまま、姿が見えなくなりました。

数ヶ月後、3匹の子猫を連れてやってきた黒猫ちゃんーー;
子猫だけでも保護したいと思っていたのですが、
クロ母よりも警戒心が強く、わたしの姿を見たら一瞬でいなくなってしまう。
仕方なく、離乳するのを待って母子ともども避妊・去勢手術をすることにしました。

で、この2月がそろそろの時期のはず。
相変わらず子猫は全く近寄れずなので、実際の大きさは分からないのだけど、
たぶん手術できるギリギリの大きさだろうと思い、捕獲に踏み切りました。
といっても、捕獲器を使ってなのですけど。

捕獲器を設置しての数分後、捕獲成功!
子猫の1匹です。
激しくお怒りのその子を病院へ連れて行き、様子を見てみると、
目やに・涙・鼻水を出し、風邪をひいています。
こんな状態で手術なんてしてもいいのでしょうか!?
先生と相談してみたのですが、はっきり答えはでないまま。
しかし、一度リリースしても風邪が自然と良くなるかはわからないこと、
リリースしてしまうと今度捕獲するのが難しいこと、
良くなるまで病院で治療も考えましたが、
恐ろしく野生児のため治療が困難なこと、
入院費のことなど、いろいろ考えた結果、
2、3日、抗生剤を投与し治療を試みて、
それから手術をしていただくことにしました。
2、3日の抗生剤の投与だけで良くなることはないと思うのですが、
温かい病院での生活がもしかしたら症状を緩和してくれるかもしれません。
捕獲されたストレスで状態が悪くなることもあるかもしれませんが・・・。

月曜日に手術予定になっています。
どうか、無事に手術を終えることが出来ますように!




ボク、風邪ひいてるの・・・
しんどいんだ・・・

2006.02.04-2.jpg




ボク、これからどうなるんだろ?

2006.02.04-1.jpg



きっと、きっと、大丈夫だから!
安心してゆっくりしていてね。
元気になって戻っておいでね!



コメント
この記事へのコメント
急に寒くなったから、外で暮らす子達は過酷ですね
抗生剤を打つだけでも、効果はあると思うけど
私がお世話になってる病院、触れない子でも
上手にネットに入れて、治療してくれはる。
そう言う点では、助かってます。
早く、元気になると良いね。
2006/02/05(日) 21:14:58 | URL | 猫の家政婦 #-[ 編集]
そうなんです。
つらいです。
こんな子をなくすためにわたしは何ができるんでしょう?

抗生剤はゴハンに混ぜてもらってるんです。
注射は返ってストレスがかかりそう
扉が開くと、飛び出してくるらしいですi-230
(かなり激しいみたい・・・)

内服だけでも随分良くなってるみたい。
退院してからも内服なら、続けられるしね。
(ちゃんと来てくれたらの話だけど・・・)

この子、Felv陽性でした。
頑張って欲しい。
わたしはきゅうちゃんのとき病気に負けているから、
こんな子を見ると胸が締め付けられる思いがする。
助けてあげたいって思ってしまう。
今の私には何も出来ないし、
しない方がこの子にとって幸せなのかもしれないのに・・・

とにかく、今は頑張って元気になってくれること祈っています。
2006/02/07(火) 18:31:38 | URL | aya #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。